TITLE:Primitive Inc. & 702 PRESENTS Freerange Tokyo Feat. Shur-i-kan

2010/06/12

freerange_0619_front

2010.6.19 (SAT)@ WAREHOUSE702

OPEN
23:00~

ENTRANCE
DOOR: 3500yen   W/F: 3000yen

GUEST DJ:

SHUR

Shur-i-kan (freerange records / from UK)

イギリスのウエスト・ロンドンを拠点に活動しているDJ/プロデューサー。6歳の時からピアノを習い、クラシック音楽を完璧にマスターする。ブリストルでの学生時代にはジャズやファンクを中心にプレイするようになり、あのPortisheadのサポート・メンバーとしてプレイした経験もある。卒業後はロンドンに移り、有名なジャズ・クラブJazz Cafe、Ronnie Scott’s等でMaceo Parker、Clyde Stubberfield、Tom Browneといった素晴らしいミュージシャンたちと共演する。その後、本格的に自身の音楽製作をスタートさせると、Global CommunicationやJedi Knights名義で有名な、Tom Middletonにその才能を見出され、彼のMixing のコンピレーション・アルバム“Jedi’s Night Out”に、Shur-i-kan 名義での最初の楽曲“Niomi’s Dream”が収録されたり、Tom Middleton のAMBA名義のプロジェクトにレギュラー出演をするようになる。同時期に世界的に有名なフェスティヴァルBig Chillへの出演も果している。2001年から現在に至るまで、Jimpster主催のレーベルfreerange recordsのメイン・アーティストとして活躍し、これまでに“Advance”と“Waypoints”の2枚のアルバム、EPでは“Living Inside”、“I Want It”、“Special Powers”、“Future Fantasy”や“Letting You Down”等の素晴らしい作品をリリースし、エレクトロニック・ジャズやディープ・ハウス・コミュニティーの中で確固たる地位を築きあげ、Giles Peterson、Ben Watt、Funk D’Void、Laurent Garnier、Spirit CatcherやMiguel Migsといった世界を代表するDJから高い評価を受けている。また豊かな音楽的背景から直感的に独特のグルーヴを生み出すイマジネイティヴなDJスタイルも高い人気を誇り、各国を廻り続けている。ちなみにJimpster同様、インプロヴィゼーション・バンドThe Baysのキーボーディストとしても活躍している。イギリスが誇る天才フュージョン・テック・ハウサー、Shur-i-kanからは今後も目が離せないだろう。

http://www.myspace.com/shurikan

RESIDENT DJ:

AO

Aosawa (freerange tokyo / Redbox)

90年代初頭から東京の夜を彩る数々のパーティーを演出。Deep House , Tech House , Houseを織り交ぜるスタイルでその存在をアピールしてきた彼はダンス系レーベルのA&Rとして仕事もこなし、カルトな人気を誇るMix cdシリーズ「Mix this」( Luke Solomon, Trevor Jackson, Damian Lazarus, Jimpster)などをリリース。現在は驚異的な動員人数とパーティーのクオリティーの高さでその存在を知らしめる東京を代表する人気アーティスト集団REDBOXの活動に参加。またLIQUIDROOMにて開催される大型パーティーOM:TOKYOを主宰。またデザイン、ファッション、ミュージシャン、放送業界等で活躍するモトクロスライダー達により構成される“世田谷レーシングにも所属している。今年6月にパタゴニア主催で行われたDJ COMPETITIONで優勝。チリ、アルゼンチン、韓国、ハワイ、ポートランドなど各都市のパーティーにも参加。WAREHOSUE702にて行われているロンドンを代表するレーベル”freerange” のパーティー “freerange tokyo” のレジデント。

http://www.redboxproject.com/
http://www.myspace.com/freerangetokyo

KARU

Carlos Gibbs (freerange tokyo / Redbox)
サンフランシスコ出身。現在は日本在住でハウスDJを勤めるかたわらアーティストとしても活躍する。アート面では世界中の人々に赤い箱を持たせた写真を展示するイベント「RED BOX PROJECT」の主宰を務め、 音楽面ではROY DAVIS JR.をフィーチャーした「JUS MOVE」をリリースするなど、さまざまな方向で活躍しているアーティストである。

http://www.redboxproject.com/

KAJI

KAJI (XXX)

ハウスミュージックを軸とした安定感のあるグルーブは常にダンスフロアを心地よい世界に誘い、多くのクラウドを魅了させてきた。99年にスタートしたDJ キャリアの中で最も大きな分岐点となったのは07年11月。話題騒然となった史上初の国技館オールナイト・クラブイベント【Connect ’07】@KOKUGIKANのオープニングアクトに抜擢され、この日登場したアーティストの中で最も長いセットを成功させる大役を成し遂げた。そして、08年はNYを代表するクラブ『CIELO』のMix-CD『Cielo -Azul-』のリリース・パーティ『Cielo Live In Tokyo Azul Release Party』でもオファーを受け、Nicolas Matar(Cielo),森田昌典(STUDIO APARTMENT)との共演をきっかけにNicolas Matar本人からNYへの出演を依頼された。現在は、10年内のリリースを目標に数多くの現場で培った経験を楽曲制作に反映させている。

http://www.myspace.com/kajitokyo

DECO:

Yu Hokazono (Skinnipants/Redbox)

http://www.skinnipants.com