TITLE:HEARTTHROB (Minus)来日公演

2012/03/22

root & branch presents
UBIK feat HEARTTHROB (Minus) Live/ Hybrid
3.24 sat @ 西麻布 eleven
Live/ Hybrid: HEARTTHROB (Minus, USA)
DJs: DJ Sodeyama (ARPA RECORDS), TEN (STERNE, ERR), Muso Matsui (L’epilogue, RiTES)
Rodriguez Lounge: Keita Magara, Mitchelrock, Yusaku Shigeyasu (ALMADELLA), Taichi (Kon Air)

Open/ Start 22:00- ¥3,500 (Door), ¥3,000 (w/ Flyer)
Information: 03-5775-6206 (eleven) www.go-to-eleven.com

default

Heartthrob (Minus, USA) m-mus.com
Richie Hawtin率いるMinusに於いて、その中心的アーティストとして常に脚光を浴びている1人がHeartthrobことJesse Siminskiである。デトロイトから北へ6時間ほど離れたマルケットという地方都市で育ったJesseは、ギターリストとして幾つものバンドでプレイする父親の影響から、幼い頃からロックはもとよりファンクやレゲエなど様々な音楽に慣れ親しんでいた。中でもLaid Backの「White Horse」とKraftwerkの「Tour de France」は、その後の彼の音楽性に大きな影響を与えている。1996年にテクノと出会った頃、Plastikmanの「Gak」によって一気に開眼した彼は即座にターンテーブルを手に入れ、シンセサイザーの物色を始め、父親が所有していたレトロな70年代の機材で音楽制作を開始する。現代美術を学びながらも彼の音楽に対する情熱は醒めることなく、1999年にニューヨークでMagdaとTroy Pierceとの出会い経て、Richie Hawtinがニューヨークへ活動拠点を移した事も相まって、ニューヨーク・テクノ・シーンの一員としてその潮流に身を任せるのは自然の流れであった。2006年、Richie Hawtinのスタジオで制作されたDepeche Modeの「Personal Jesus」のリミックスとコンピレーション『min2MAX』に収録された「Baby Kate」でHeartthrobのサウンドを見事に確立した。「Baby Kate」はミニマル・テクノ・シーンの爆発的な人気を裏付けるかの様に、その代表的なアンセムとして、その後数年に渡って世界中でプレイされ続けている。自身の音楽的アプローチを「白昼夢~意識の流れ」と語る様に、実験的かつ感情的と呼べるサウンド・プロダクションは、テクノというジャンルに捉われない果敢な冒険心と変化に溢れている。Minusの中枢神経の一部と言われるHeartthrobのライヴ・セットは、今日も世界各地のオーディエンスを熱狂させている。

DJ SODEYAMA (ARPA RECORDS) www.arparecords.com
多角的視点からのテクノ/ハウス・ミュージックを軸とし、彼ならではのテクニックとスタイルで独自の世界を創りあげるDJ/トラックメーカー。2006年に発表した1stアルバム『Metal Heart』は様々なダンス・ミュージックを完全網羅した内容で各方面から注目を集めた。その後、MARCO CAROLAのリリースで知られている[ZENIT]と契約。3枚のEPを立て続けにリリースし世界中のDJ達がプレイ。2007年には2ndアルバム『DUAL』をリリース。2008年には自身のデジタルレーベル[NO:MORE REC]より、日本人クリエーター総勢14名によるリミックス・アルバム『The:remix』をリリースし、アルバムリリースツアーとしてベルリンツアーも行い成功を収めた。その後カナダの[ARCHIPEL]からリリースされた『NOW IS THE TIME』がLaurent Garnier、Luciano、Mathias Kaden、Nick Curly、Glimpse等にプレイ・サポートされる。このリリースをきっかけに2009年6月にはカナダにてツアーを敢行。2010年4月にリリースした12インチ・シングル「ONE TIME」では、重心の低いテクノ・トラックを展開。更に深化したサウンドデザインとクオリティーで一線を画する存在を示している。2011年には世界最大手ダンスミュージックディストリビューター『wordandsound』配給のもと、自身の新レーベル[ARPA RECORDS](アナログ&デジタル)を立ち上げる。第1弾リリース「DJ SODEYAMA / MILES」はNick Curlyがリミックスを務め、Loco Dice、Josh Wink、Dubfireをはじめとした世界中のDJ達がプレイ。第2弾以降もGlimpse、Radio Slave、Tim Xavier等の強力なリミキサーを迎えた内容で注目を集め、早くも日本が世界に誇るレーベルの1つになろうとしている。同時にレーベル、アーティスト、 DJ、クラブが連動した日本では数少ないレーベルショーケース『ARPA showcase』をWOMBにてレギュラー開催中。地方でも積極的にショーケースを開催するほか、日本最大の屋内レイブ『WIRE11』をはじめとした多くのパーティーへゲスト出演。韓国、台北、北京、オーストリア、ドイツ、ギリシャ、カナダ等でもツアーを敢行するなどワールドワイドに活動している。

TEN (STERNE, ERR)
90年代のはじめ京都にてDJを始める。関西在住時より、レコードショップでのテクノバイヤーとしての仕事の傍らDJ活動を行い、90年代後半から東京へ転居、L’ACACIA, D-PARKなどでオーガナイズとDJをする。現在は渋谷WOMB、毎月第一金曜日、石野卓球のレギュラーパーティーSTERNEのレジデントを中心に活動を重ねている。2009年より伊豆市だるま山高原キャンプ場にて友人達と、シンプルかつ実験精神の溢れる野外パーティーERRを始動、2010年も成功を収める。その他代官山SALOONにて行われているLrでは年一でロングセットを披露するなど精力的に活動を続けている。

Muso Matsui (L’epilogue, RiTES) www.lepilogue.com
96年DJ開始、04年テクノ/アンビエント、トライバル/ミニマルで再始動。都内を中心に大小様々なクラブで活動。06年にはアンビエントや空間美術を重視した異質のパーティRiTESを主宰。他にもハイファッションブランドのパーティへの出演や、レジデントDJとしてピークタイムや人が尽きるまでの壮絶なアフターアワーズで経験を重ねる。ダーク・エスニック・メランコリックの要素を織り交ぜてストーリーを紡ぎ、独自の世界観を構成。音に深い理解と敬意を持ち、高貴な自己完結のセットを得意とする。音の覚醒、生命を吹きこむ、計画的自然な世界はアニマティズム。ドイツをはじめEU各国、国内各地のクラブを見聞し、音楽やパーティに対する深い思慮のもと2010年より代官山UNITでのパーティを軸としたプロジェクト”L’epilogue”をプロデュース。

Rodriguez Lounge
独自のスタンスでマイ・ペースな展開を続けるテクノ・パーティDance Rodriguezを主宰するKeita Magaraが、ロング・セットにフォーカスを当てたLr – Long Rodriguezに続いて新たに仕掛ける新機軸パーティ、Rodriguez Loungeが西麻布elevenラウンジに進出。ここ数年進境著しいYusaku Shigeyasu、Mitchelrock、KonairのTaichiといったひとクセもふたクセもある個性をそれぞれ放つDJ陣を引き連れ、一見リラックスしたムードの水面下で実は丁々発止のやり取りを繰り広げるかもしれないが、結局はリラックスしたままゆらゆらと踊れて飲める空間のまま続いていくかも。ともあれ乞うご期待!

TITLE:LIQUIDROOM & METAMORPHOSE presents HOUSE OF LIQUID

2012/03/21

~00 年代のシーンの流れを変えたクリック・ハウスの先駆者、Akufen がHOUSE OF LIQUID に登場!~

HOL_Akufen_omote_Miner Change

featuring:
Akufen (Musique Risquée) CA -Live Set-
Yoshinori Sunahara
Nao Tokui (op.disc / PROGRESSIVE FOrM)
MOODMAN (house of liquid)

chill out lounge produced by PROGRESSIVE FOrM
DJ Yogurt (Upset Recordings)
Inner Science
Ametsub

そのサウンドは00 年代のテクノ/ハウス・シーンの流れをひとつ変えてしまったと言っても過言ではない。痙攣する微細な電子音/サンプルが生み出すファンクネスは、クリック・ハウスの代名詞ともなった。Akufen の、そのサウンドはシーンに多大なる影響を与えたのだ。そして2012 年一発目のHOUSE OF LIQUID は、2011 年のクリスマス・イヴに行われたBen Klock の来日公演に引き続き〈Metamorphose〉との共同開催にて、Akufen の来日ライヴが決定! 〈Force Inc.〉からのアルバム『My Way』やUKの人気クラブ〈Fabric〉の人気ミックスCD シリーズ『Fabric 17』がメディアからも高い評価を受け、Horror Inc.、Anna Kaufen
といった別名儀の作品、ミニマル・テクノの名門〈Trapez〉、〈Perlon〉といったレーベルからの12 インチは多くのDJ たちに愛され
フロアを揺らしてきた。2006 年にリリースされた本名名義、マーク・レクレアの『Musique Pour 3 Femmes Enceintes』以降、
いくつかのリミックス以外、ここ数年は自身の目立ったリリースこそないもののレーベル〈Musique Risquée〉をDeadbeat らと
運営し、地元カナダのGuillaume & The Coutu Dumonts やThe Mole などといった個性豊かなアーティストたちを送り出し、
スターダムにのし上げたあたりに、変わらぬ感性の冴えっぷりが間接的ながら伝わってくる。共演には昨年オリジナル・フル・アルバムとして10 年ぶりとなる『Liminal』をリリー スした砂原良徳がひさびさのHOUSE OF LIQUID にてDJ プレイ。工学博士でもあり、多方面のデジタル・メディアに精通し、〈PROGRESSIVE FOrM〉や〈op.disc〉などからのリリー スでも知られるNao Tokui。そしてMr.HOUSE OF LIQUID と言えばこの人、MOODMAN も登場する。2F のLIQUID LOFT エリアでは、昨年10 周年を迎えたこの国のエレクトロニック・ミュー ジック/エレクトロニカの先駆的レーベル〈PROGRESSIVE FOrM〉のプロデュースによるchill out lounge が登場。DJ Yogurt とInner Science、Ametsub が心地よい空間を電子音楽で演出する。Akufen のライヴ・パフォーマンス、どんなものになるのか! 乞うご期待!

Akufen (Musique Risquée) CA

Akufen1
21世紀の最初の数年間、AkufenことMarc Leclairはコンテンポラリーハウスミュージックシーンの中で最も革新的なアーティストとしてその名前を轟かせた。14才の時にニューウェーブを聴き 始め、16才頃でスティーブ・ライヒ、フィリップ・グラスの仕事を紹介される。80年代と90年代は地元モントリオールで盛り上がっていた実験的音楽シー ンにどっぷり浸かっていた。モントリオールで2000年から開催され、現在では世界屈指のエレクトロニックミュージックフェスティバルとして名高い MUTEKの1回目に出演した際、ドイツのThomas Brinkmannに見出され後にリリースをするようになる。Background、Trapez、Perlonといった先鋭的なレーベルからのリリース を経て、2002年には、年間ベストを幾つも獲得した驚愕のデビューアルバム「MY WAY」をリリースする。その後2年間に渡るツアーの後、より実験的なアルバム「Musique Pour 3 Femmes Enceintes」をMUTEK_RECから2005年にリリース、2010年にはHorror Inc.名義でもリリースした他数々のリミックワークをこなしている。Akufenの音は、彼の代名詞とも言えるマイクロサンプリングは勿論のこと、 funk、jazz、down tempo、更には近年探求してきた中国の古典音楽など、様々なサウンドを吸収し、独自の音を創り出すそのセンスは唯一無二である。そのエッジーで天才的 なカットアップのセンスは現在聞いても全く色褪せていない。また、自ら運営に携わるレーベル”Musique Risquee”は、自身の作品はもちろんのこと、Crackhaus、The Mole、Stephen Beaupreといった様々なアーティストのレコードをリリースし、その切れ味抜群なサウンドと、強烈なジャケットデザインによって唯一無二の存在感を 放っている。

関連商品:

RISQUEE25_1

●Yoshinori Sunahara

yoshinori_sunahara
1969年9月13日生まれ。北海道出身。電気グルーヴに91年に加入し、99年に脱退。電気グルーヴの活動と平行して行っていたソロ活動では、95年に アルバム『Crossover』、98年にはアルバム『TAKE OFF AND LANDING』、アルバム『THE SOUND OF ‘70s』を2枚連続リリース。01年に電気グルーヴ脱退後初となるアルバム『LOVEBEAT』をリリース。02年には幕張メッセで行われたフェスティ バル”ELECTRAGRIDE”でキャリア初となるソロライブを披露。その他にもACOのシングル「悦びに咲く花」、映画「ピンポン」の主題歌となった スーパーカーのシングル「YUMEGIWA LAST BOY」などのプロデュースや数多くのCM音楽などをを手掛ける。09年夏には映画「ノーボーイズ、ノークライ」(主演:妻夫木聡/ハ・ジョンウ)のサウ ンドトラック『No Boys, No Cry Original Sound Track』をリリース。2010年4月には元スーパーカーのいしわたり淳治とのユニット<いしわたり淳治&砂原良徳>を結成し、相対性理論のやくしまる えつこをボーカリストに迎えてシングル「神様のいうとおり」をリリース。7月にはソロ名義のシングル「subliminal」をリリースし、2011年4 月6日には10年振りのオリジナルアルバム「liminal」をリリースした。

http://y-sunahara.com/

●Nao Tokui (op.disc / PROGRESSIVE FOrM)

nao_tokui
1999年にDJ/音楽制作をスタート。複数のヨーロッパのテクノレーベルからのリリース後、 2003年6月にファーストアルバム”Mind The Gap” を、日本のエレクトロニック・ミュージックを代表するレーベルPROGRESSIVE FOrMから発表。2011年リリースの!K7のDJ Kicksシリーズに当時の楽曲用いられていることからも分かるように、先進的な音楽性には定評がある。ソフトウェア開発者としても知られており、音と映 像表現を組み合わせた作品をiPhoneアプリというかたちでリリースする活動にも取り組んでいる。
http://www.sonasphere.com

●MOODMAN (house of liquid)

moodman
DJ。日本生まれ。ムード音楽をこよなく愛する男。年代末にDJ活動 を始め、年にレーベル[ DUB RESTAURANT COMMUNICATION ]を立ち上げる。その後、複数のレーベルを設立し、様々なアヴァンギャルド・ミュージックを発表。国内外で高い評価を受ける。年には、宇川直宏、高橋透と のリビング・レジェン ド・パーティー[ GODFATHER ]を始動し、その後現在に至るまで、東京の地下ダンスシンジケートを牽引し続けている。なんと2004年はDJを108 本もこなし、その先鋭なるスキルに加え、常人離れしたフロア基礎体力を発揮。そのことから「日本で最も忙しいDJ」との異名をとる。2007年はTOWA TEI監修の溺OTIVATIONシリーズからMixCD「MOTIVATION 6 Adult Oriented Click Nonstop-Mix by MOODMAN 」をリリースし、クリック/ミニマルテクノをムードミュージックの解釈で編集。21世紀のエレベーターミュージックを提案、話題をさらった。
http://www.myspace.com/moodmanjp

2012.3.24 saturday night at LIQUIDROOM & LIQUID LOFT[access→http://www.liquidroom.net/access/
open/start 23:30 adv. 3,000yen door 3,500yen
*PIA[P-code 162-004]、LAWSON[L-code 78845]、e+、
DISK UNION(SHIBUYA CLUB MUSIC SHOP/SHINJUKU CLUB MUSIC SHOP/SHIMOKITAZAWA CLUB MUSIC SHOP/CHIBA)、JET SET、Lighthouse Records、LOS APSON?、TECHNIQUE、LIQUIDROOM
+20 歳未満の方のご入場はお断り致します。年齢確認のため、顔写真付きの公的身分証明書をご持参下さい。(You must be 20 and over with photo ID.)
info LIQUIDROOM 03-5464-0800 http://www.liquidroom.net/ METAMORPHOSE http://www.metamo.info/

TITLE:♪新着中古盤♪入荷情報♪

2012/03/17

♪新着中古盤♪入荷情報♪

テクニーク渋谷店舗、今週入荷の中古盤からピックアップ。

APHEX

AFX – Hangable Auto Bulb EP [Warp Records]

奇才Aphex Twinの95年リリースの名盤!!限定盤!!

Kosmik Kommando

The Kosmik Kommando – Universal Indicator Yellow [Rephlex]

こちらはAphex Twinが主宰するレーベルRephlexの初期作品!ハードコア・アシッド!!

----------------------------------------------------------------------
その他、中古アイテムを日々放出しております。
中古盤はテクニーク渋谷店舗にて多数取り扱っております。
是非、渋谷にお越しの際はチェックしてください。

3rd21

----------------------------------------------------------------------
ハウス、テクノ、ニューウェイヴ、ブレイクビーツ、エレクトロ、トランス、
ディスコ、ドラムンベース等々のレコードを高価買取いたします。
遠方の方も100枚以上お売りのお客様は送料無料にて査定いたします。

専門店だからできるプレミア盤、高額買取査定基準!
(一部商品は値段の付かないものもございます。
詳しくはお気軽にお問い合わせください)
----------------------------------------------------------------------
テクニーク中古盤買取センター 【TEL】03-5489-7451
----------------------------------------------------------------------


TITLE:♪新着中古盤♪入荷情報♪

2012/03/04

♪新着中古盤♪入荷情報♪

テクニーク渋谷店舗、今週入荷の中古盤からピックアップ。

method

Ancient MethodsFirst Method [Ancient Methods]

先ごろリリースされたUgandan Methodsのシングルも話題の、アンダーグラウンド・アーティストTriasとBaeksによるユニットAncient Methodsの1番がコレ!!なかなかお目にかかれない一枚。

svek

Alexi DelanoMadness Continuum [Svek]

現在のミニマルシーンで再評価されるSvekの初期作品からスウェーデン・テクノ・シーンのベテランAlexi Delanoによる早すぎた傑作!!

----------------------------------------------------------------------
その他、中古アイテムを日々放出しております。
中古盤はテクニーク渋谷店舗にて多数取り扱っております。
是非、渋谷にお越しの際はチェックしてください。

3rd21

----------------------------------------------------------------------
ハウス、テクノ、ニューウェイヴ、ブレイクビーツ、エレクトロ、トランス、
ディスコ、ドラムンベース等々のレコードを高価買取いたします。
遠方の方も100枚以上お売りのお客様は送料無料にて査定いたします。

専門店だからできるプレミア盤、高額買取査定基準!
(一部商品は値段の付かないものもございます。
詳しくはお気軽にお問い合わせください)
----------------------------------------------------------------------
テクニーク中古盤買取センター 【TEL】03-5489-7451
----------------------------------------------------------------------



TITLE:Crue-Lの新コンピが登場!

2012/03/01

近年ワールドワイドな展開を見せるCrue-Lの新コンピレーションが遂にリリース!

ハウス/テクノ/ニュー・ディスコ/ラウンジ・シーンの新次元を提示した話題曲を多数収録した本作は、全新録/未発表/初CD化(Tucker楽曲以外)という見逃し厳禁の一枚!

昨年リリースされた12インチが大ヒットした瀧見憲司の新ユニット[[Being Borings]]のフレンチ・フィールなミディアム・ニュー・ディスコ、そのBeing Boringsのメンバーでもある[[Tomoki Kanda]]による新音像疾走フォーク・バレアリック、昨年末に12インチリリースされるやいなやSold Out続出/著名DJのプレイとWantも相次いでいるシューゲイズ・ピアノ・ハウス・フロアアンセムである[[Crystal]]の「Heavenly Overtone」、[[Tim Deluxe]]が[[A.Noisy.Noise]]と組んだニュータイプ・アシッド・トラック、世界的評価の高いバレアリッ ク・チーム[[Discossession]]の2年振りのオーガニックな新曲、日本発Chill Waveの筆頭株The Beauty、ベルリン発ディスコ・テクノ・ユニット[[House Mannequin]]の新曲、ニュータイプ・ビートダウン・ディスコの出世頭Eddie Cに よるフロアキラーなディスコ・トラック、Crue-L Grand Orchestraが映画「Barbarella」のテーマソングをハウス・カヴァーした楽曲などなど素晴らしく濃厚な内容!!

ボスKenji Takimiコンパイルによるデジパック仕様です!!

こちらからご予約受付中です。

ƒvƒŠƒ“ƒg