TITLE:THE STAR FESTIVAL 15タイムテーブル決定

2015/05/14

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
THE STAR FESTIVAL 15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://www.thestarfestival.com/ 

☆スクエアプッシャー360度どんな方向からでも見渡せる最新ミュージック・ビデオ公開!
https://www.youtube.com/watch?v=6Olt-ZtV_CE
☆タイムテーブル&会場レイアウト完成!
☆5月16日深夜はLounge roomが登場!FUMIYA TANAKA×ZIPがプレイ。
☆5月22日にはアフターパーティーがCIRCUSで決定!

日 程:
2015年5月15日(金)14時開場/15時開演 〜 5月17日(日)17時終演予定(2泊3日)
会 場:
スチールの森京都
http://forest-hiyoshi.jp/

出 演:
5月15日(金)*前夜祭
PETER VAN HOESEN / MARCO SHUTTLE / DJ NOBU

5月16日(土)
SQUAREPUSHER / ZIP / FUMIYA TANAKA / LONDON ELECTRICITY / Sebastian Mullaert & Ulf Eriksson / CALM / DJ FUNNEL

5月17日(日)
DJ KOZE / LAWRENCE / AXEL BOMAN / KENJI TAKIMI

VJ:KOZEE
LIGHTING:SOLA
SOUND:TRY AUDIO

料 金:
一般発売チケット(7,500円)
販売期間:〜 5月14日(金)まで

当日券(9,000円)
*前売券が規定枚数に達しましたら当日券の販売はございません。
*入場券には宿泊・テント料金が含まれています。
*入場券は3日通し券(2泊3日)のみ販売致します。途中参加は可能ですが1日券の販売はございませんので、予めご了承ください。

駐車券(1,500円)
*駐車券は車1台につき1枚必要。無くなり次第終了。車の出し入れは堅くお断り致します。
*台数に限りがございますので無くなり次第終了。

THE STAR FESTIVAL facebook
https://www.facebook.com/THESTARFESTIVAL
Twitter
https://twitter.com/starfestival_
TSF TimeTable

TITLE:Technique Mix Series 034 – EDUARDO DE LA CALLE

2015/05/08
定期的にTechniqueがセレクトするDJのMixを配信するTechnique Mix Series。
第34弾は、Analog Solutionsとしても名を馳せ、CadenzaやSemantica、Modularzレーベルなどにも進出して絶好調のEduardo De La Calleさんから最新ミックスを頂きました!
今後も随時人気アーティストのMIXを配信していきますので、是非SOUNDCLOUDのフォローをお願いします!

定期的にTechniqueがセレクトするDJのMixを配信するTechnique Mix Series。

第34弾は、Analog Solutionsとしても名を馳せ、CadenzaやSemantica、Modularzレーベルなどにも進出して絶好調のEduardo De La Calleさんから最新ミックスを頂きました!
今後も随時人気アーティストのMIXを配信していきますので、是非SOUNDCLOUDのフォローをお願いします!

EDUARDO DE LA CALLE (Analog Solutions) – Galaxy/ Spain

Bio:

Eduardo De La Calle’s status as one of today’s Techno most cutting edge producers and artists has gone hand in hand with his intellectual and spiritual journey: his more than 20 years commitment to making uncompromising music has also seen him embrace multi cultural readings and practice Bhakti yoga on a daily basis, undergoing a process of personal transformation and inner change.

Born in Madrid and raised in Cadiz in the Andalucia territory ? widely recognised as the heartland of Flamenco ? Eduardo was introduced to electronic music through acts like Sisters Of Mercy and New Order, and industrial groups like Neon Judgement and Sneak Core. By the early ’90s, he was hooked on the exploding Techno scene. He opened his own record store in Cadiz and bought his first gear. Moving to Barcelona and Berlin were his next steps, until his latest relocation near Malaga, where he lives with no internet at home and where he built a studio in the mountain.

The ongoing success of his vinyl-only label, Analog Solutions (Music & Films), and of its spin-offs Suprawax and Edits Rec., has seen him selling 12.000 records in 2 years in an Mp3 and brutal file-sharing dominated industry.

Releases on Minus 12, Modularz, Non Series, Mule Musique and, recently, Cadenza have further elevated his DJ profile, while his thought-provoking documentary Beatz has been premiered in London, featuring interviews with many of the artists whom he has sampled from and collaborated with.

テクノ界で現在、最もカッテイングエッジな作品を生み出しているプロデューサ兼アーティストEduardo De La Calleは彼の経験してきた知的でスピリチャルな遍歴なくしては語ることはできない。20年以上に渡る彼の妥協のない作品は、内面の変化や自己改革の過程を通過しバクティヨガの修行とその精神を知ることよる日々の精進と多文化を理解し受け入れるところを原点に作られた音楽だ。マドリッドに生まれフラメンコの中心地として知られているアンダルシア地方のカディスで育ったEduardoはSisters Of MercyやNew Order、Neon JudgementやSneak Coreを通じてエレクトロニックミュージックを知り、その後90年代初期に起こった、あのテクノシーン隆盛時代の衝撃的な現場と出会う。そしてカディスでレコード屋を開き今に至るまでのその第一歩を踏み出す。その後バルセロナやベルリンへ移り住み第二の音楽人生を過ごす。そしてそのころより様々なレーベルからのリリースやパノラマバーなどでのギグを通じ徐々にEduardo De La Calleの名は広がっていった。最近は再びスペインに戻り、南部のマラガ近くの山あいにスタジオを建てインターネットもない環境下で暮らしながらも、Minus 12, Modularz, Non Series, Mule Musique などのレーベルから作品をリリース。そしてLucianoが主宰するCadenzaから素晴らしい作品をリリースしたことで彼の名はさらに全世界へと広まり、そのCadenzaのポッドキャストでのDJ MIXによってDJとしての注目度も高くなっていった。また、現在も継続している彼のヴァイナルオンリーのレーベル、Analog Solutions (Music & Films)やそのスピンオフレーベル、SuprawaxやEdits Rec.,では2年間で12,000枚のレコードを売り上げ、mp3ダウンロード販売ではない方法でも成功することを証明した。さらにサンプリングやコラボしたアーティストとのインタビューをおさめたエレクトロニックミュージックの歴史や成り立ち、さらには今後の動向など様々な角度で自らでディレクションしたドキュメンタリーフィルム”Beatz”のロンドンでの上映会などアーチストとして精力的な活動を展開している。

http://www.eduardodelacalle.com/
http://www.residentadvisor.net/feature.aspx?1854

―――――
Track List
―――――

1.CONFORCE – STOP HOLD (Meanwhile)

http://www.technique.co.jp/item/66305,MEAN018.html

2.DOWNLINK – Arrival (Remastered) (Sushitech Records)

http://www.technique.co.jp/item/105026,SUSH23.html

3.DJ BONE –  Differ-Ent (Hrall) (Don’t Be Afraid)

http://www.technique.co.jp/item/126525,DBA018.html

4.2000 AND ONE – PLANT 3 (100% Pure)

http://www.technique.co.jp/item/126510,PURE095.html

5.Tensal – CB1 (TENSAL)

http://www.technique.co.jp/item/126353,TENSAL003.html

6.PVNV – INTRASOLAAR (SHLOMO REMIX) (Taapion)

http://www.technique.co.jp/item/124217,TPN003.html

7.DJ Trike – Acid Dream (Cabinet Unreleased Classics 1994-2005) (Plus 8)

8.Roberto Clementi – Lei (Soma Records)

http://www.technique.co.jp/item/115886,SOMA393.html

9.D_Func & Marcel Heese – PATIENCE (Finitude Music)

http://www.technique.co.jp/item/126985,FIN004.html

10.Omar S –  Leave (FXHE Records)

http://www.technique.co.jp/item/116500,AOS1975.html

11.Casual Violence – Acceptance Of The Fact At Hand (Sect Records)

http://www.technique.co.jp/item/91985,SECTCDVS2.html

12.Thee Maddkatt Courtship – Wet Wednesday (Styrax Records)

http://www.technique.co.jp/item/124626,STYRAXOP.html

13.Dark Comedy – Paranoid (Elypsia)

TMS034

出演パーティー情報:

GLOBAL ARK 2015

http://global-ark.net/

2015 2015.6.6.sat – 6.7.sun at Tamagawa Camp Village

Open :06.06(Sat )11:00 Start 12:00 – Until:06.07(Sun) 12:00

Advance \5000 Door \6000

<<Ground Area >>

Dj’s

EDUARDO DE LA CALLE (Cadenza / Analog Solutions / ESP)
MURF (Mongtrax / UK)
DJ MIKU / DJ WADA / KAORU INOUE / HIDEO KOBAYASHI / DJ YOGURT
TOMO HACHIGA / DJ COMPUFUNK / NaosisoaN (Global Ambient Star)
SHIGETO TAKAHASHI / NABE

Light Show OVERHEADS CLASSIC

<<River Area >

Dj’s
DJ HIRO (Future Music) /ULU (Futura, djulu.com) /DJ BIN (Stargate Recordings)
R1 (Horizon) /Dante (push..) /SHARRE (Kompakt) /AQUIRA (MTP / Supertramp)
SINSEN (SL9) /BLASTICS (TARO ACIDA & KEN TAKANO)/ENUOH (10 Count block / Caizoc)
OZMZO a.k.a. SAMMY (HELL.m.e.t) /TORAgon (NIGAYOMOGI / HIPPIE TWIST)
HAYATO MATSUKI (Praq Recordings) /Kowji (A25)/ TMR/ PEAT (ASPIRE)
YUKI & KANE (ILLUMINA BLUE MUSIC) /HISASHI WATANABE (ILLUMINA BLUE MUSIC)

Live
Ngt. (rebel base)
六弦詩人義家

Vj Kagerou

All Decoration by TAIKI KUSAKABE / Stage Director by KEI FUJISHIRO

今年もGLOBAL ARK の開催が決定しました。
6月6日(Sat)am11:00 開演~6月7日(Sun) pm13:00 終演まで、見どころ聴きどころ満載のオーダーを組みパーティーを盛り上げます。過去3 回は山梨県のさがざわキャンプ場にて開催してきましたが、今年は満足のいく音量を出せる環境を確保するため、会場を山梨県玉川キャンプ村に移転して開催します。GLOBAL ARK は完全 D.I.Y 野外パーティーながら今年もDJ 陣、サウンドシステムともに最高の布陣とハイクオリティーのイクイップメントを擁し開催します。そして今回は海外からのゲストDJ2組を招き、さらなるパワーアップを目指します。ひとり目のゲストは、ヴァイナルオンリーのリリースを貫き、カリスマ的な人気を誇るレーベルAnalog Solutions/Suprawax のボスでもありサウンドクリエーター兼DJ のEDUARDO DE LA CALLE( エドゥアルド デラ カーレ) です。あのLuciano もその才能を高く認め、彼のレーベルCadenza からも極上のトラックをリリースし、ミニマルエクスペリメンタル、ダブを基調としたディープアンダーグラウンドテクノを次々にリリースするスペイン随一の硬派アンダーグラウンド・クリエイターでもあります。Cadenza 以外にもPlanet Rhythm、Semantica、Mental Groove、Mule Musiq などオファーの絶えないリリースを続けるレジェンド、エドゥアルドの世界観をご期待ください。そしてもう一人は、13 歳の頃よりエレクトロニックミュージックの魅力に憑りつかれ、以後コレクター/レビューライター/レコードバイヤーとしてGroove, Zoom, Koobla, Silverfish, Eukatech Records などのレコード店と提携し素晴らしいレコードを 世界に紹介してきた。一筋にレコードをディグる執念は「ロンドンのバイナルジャンキー」の異名も持つ。1998 年には、その後人気DJ MIX シリーズとなるEukahouseからリリースされていた「Tech House Phenomena」の第一弾に抜擢され、翌年にはMr.C が運営するロンドンの伝説のクラブTHE END のフラッグシップパーティー (Mr.C が自ら主宰する)「SUBTERRAIN」のレジデンシャルDJ の1 人にも抜擢される。Layo & Bushwacka!、Darren Emerson、Eddie Richards 等と共にレジデンツを務めあげ、2009 年1 月にTHE END がクローズするまで彼らと共に盛り上げてきた。近年はMongTrax なるサイトを立ち上げ新旧様々なテクノ、テックハウス、ハウスの音源を紹介。今も尚、クラブ/ラジオで活躍するDJ ジャンキーだ。今回のGLOBAL ARK では6 年ぶり3 度目の来日を果たす。https://www.youtube.com/watch?v=Ry5oisKJqCkさらにGLOABAL ARK の真骨頂であるDJ ラインナップは今年も豪華なDJ 陣を揃えパーティーを盛り上げます。日本のテクノシーン創世記より独創的な活躍するDJ WADA、DJ MIKU、HIDEO KOBAYASHI や各方面から絶大な信頼とオファーの絶えぬKAORU INOUE、DJ YOGURT。長年に渡りDEEP HOUSE の雄として活躍するDJ HIRO 他凄腕のDJ が続々と登場します。初夏の気持ちいい季節をGOOD MUSIC と共に新緑の自然の中でお楽しみください。